【2023秋冬・スウェットに合うスカート】徹底解説!お洒落に見える合わせ方のコツも

2023秋冬、カジュアルなスウェットにスカートを合わせる甘辛MIXコーデに注目!スウェットとスカートをおしゃれに合わせる方法から、スウェットに似合う「フレアスカート・タイトスカート・マーメイドスカート・プリーツスカート」などのお手本コーデとコツを徹底紹介。WEAR公認ユーザーのWEARISTAやおしゃれなショップスタッフなどのコーデから厳選してお届けします。

スカートのデザイン別にコーデを紹介しているから、欲しいor手持ちのスカートの着回しアイディアがきっと見つかるはず。

目次

スウェット×スカートの魅力・簡単おしゃれ見えのコツ

カジュアル感と女性らしさが合わさったコーデになる、スウェット×スカート。やりすぎ感のないこなれた印象が魅力です。同じスウェットでも合わせるスカートとスタイリングを変えるだけで、ご近所コーデからデートコーデまで、幅広く着回すことができます。

スウェット×スカートは、「スウェットのサイズ感(オーバーサイズなのか、ショート丈orジャストサイズなのか)」×「スカートのデザイン(フレア系なのかタイト系なのか)」を意識すると、おしゃれな着こなしに仕上がりやすい!下記の組み合わせなら、簡単にこなれシルエットが実現。

出典:WEAR

ゆったり×ミニ丈で今どきカジュアル

ゆったりとしたビッグシルエットのスウェットに、ミニ丈ボトムス×ロングブーツを合わせると今っぽいバランスに。

出典:WEAR

ショート丈×マーメイドできれいめに

ショート丈のスウェットで、上品なラインのマーメイドスカートを活かせば、ほどよいきれいめスタイルが完成。

【2023秋冬】スウェット×フレアスカートコーデ10選

フェミニンコーデの定番、フレアスカートを合わせたスタイル色柄や小物でメリハリをつけるとおしゃれ見えしやすくなります。

フレアスカートに合わせるスウェットは、ショート丈でもビッグシルエットでもOK。ビッグシルエットの中でも大きめを合わせるなら、柔らかい質感のスカートを合わせるときれいなシルエットを実現しやすい!

出典:WEAR

ファーベストとアームウォーマーでトレンド感

相性抜群のグレー×イエローでおしゃれ見え!きちんと感のあるスカートを合わせることで、きれいめカジュアルな印象に。ファーベストとアームウォーマーで、トレンド感もプラス。

出典:WEAR

異素材合わせでおしゃれ見え

異素材を組み合わせることで、おしゃれ見えを叶えたオールブラックコーデ。光沢のあるデザインスカートでモード感を演出して、周りと差をつけて。

出典:WEAR

モノトーンでちょっぴり大人っぽく

スウェット×フレアスカートをモノトーンでまとめた、ちょっぴり大人なコーデ。ロゴ入り&チェック柄の組み合わせでカジュアルな仕上がりに。

出典:WEAR

花柄スカートで大人可愛く

古着っぽさのあるグリーンのスウェットに花柄フレアスカートを合わせた、大人可愛いコーデ。ボアバッグで季節感をプラスして。

出典:WEAR

カジュアル小物で甘さ控えめに

コンパクトなサイズ感のスウェットで、ふわっと広がるスカートを活かしたコーディネート。ニット帽とスマホショルダーストラップで、甘さを抑えたカジュアルスタイルに。

出典:WEAR

白タートルできちんと感を

裾だけ絞られたゆったりスウェットでスカートのフレアを強調すれば、美しいフォルムが完成。白のタートルネックをのぞかせて、きちんと感のある大人っぽい印象をプラス。

出典:WEAR

白ニットスカートで柔らかく

カジュアル感強めのルーズスウェットも、白のニットスカートで柔らかくフェミニンな印象に。ネックレスと白ブーツをプラスすれば、さらにきれいめ度UP。

出典:WEAR

ジャガードフレアスカートで洗練感

グレースウェットに、華やかなジャガードフレアスカートを合わせれば一気に大人っぽく洗練された印象に。スニーカーでハズすと、上級者感を演出できます。

出典:WEAR

タックイン×ヒールでスタイルUP

ミモレ丈の千鳥格子柄スカートに、ネイビーのスウェットを合わせたコーデ。タックインと高めヒールで腰の位置を高く見せて、さらにスタイル良く。

出典:WEAR

アースカラーで大人っぽく

スウェット×チェック柄のカジュアルアイテムは、アースカラーでまとめると大人っぽく着こなせます。白のファーバッグをアクセントに、トレンド感をプラス。

【2023秋冬】スウェット×タイトスカートコーデ10選

女性らしいラインが強調されるタイトスカートにスウェットを合わせると、ほどよく大人っぽい雰囲気に。シルエットを意識すると、バリエーション豊かな着こなしを楽しめます。

タイトスカートに合わせるスウェットも、ショート丈でもビッグシルエットでも問題なし!ショート丈ならきれいめ寄り、ビッグシルエットならカジュアル寄りなコーデに。スタイルアップを狙うなら、ショート丈×ヒールがおすすめ!

出典:WEAR

たすき掛けでこなれ感を

グレースウェットにカーキのスリットスカートを合わせたコーデ。スウェットをインすることで、カジュアルなコーデにきれいめ感を。黒アイテムをたすき掛けすれば、一気にこなれた旬の着こなしに変身。

出典:WEAR

足元をブラウンでまとめて女っぽさを

ゆるだぼスウェットとブラウンニットスカートのリラックススタイル。スカートの色と合わせたブーツを合わせて、女っぽさを高めて。

出典:WEAR

ローファー合わせで品良く

グリーンのスカートを主役にしたコーデ。ローファーを合わせると、ラフになりがちなスウェットコーデもちょっぴり品よく仕上がります。

出典:WEAR

淡色コーデを黒小物で引き締めて

キナリスウェット×白スカートのカラー合わせが今っぽい、リラックスコーデ。小物は黒で統一すれば、スタイリングが引き締まります。

出典:WEAR

白ダウンで軽やかに

スウェットとコーデュロイスカートを合わせたコーデ。タックインで腰の位置を高く見せて、よりスタイルアップを。白ダウンで軽やかなカジュアルスタイルに仕上げて。

出典:WEAR

白×白でスウェットをクリーンに

白×白でまとめて、スウェットコーデをクリーンに決めて。首元からシンプルなネックレスをのぞかせることで、さりげなく上品さをアピールできます。

出典:WEAR

黒タイト×小物できれいめに

黒のタイトスカートを選べば、ゆるスウェットもきれいめに見せてくれる。チェーンバッグ&ビットローファーを合わせてさらに洗練感を。

出典:WEAR

Iラインで大人顔

スウェット×明るいオレンジのスカートも、Iラインシルエットなら大人顔。黒のタートルネックとレディライクな小物が、コーデをキリッと引き締めてくれます。

出典:WEAR

トラッドコーデをカジュアルダウン

ジャケット×ツイードスカートのトラッドコーデに、あえてスウェット投入でカジュアルダウン。ボアバッグをアクセントにして、メリハリをプラスしておしゃれに。

出典:WEAR

ニットスカートで楽ちん&きちんと感

白スウェット×女性らしいシルエットのニットスカートは、楽ちんなのにきちんと感を醸せる組み合わせ。小物もベージュ系でトーンをそろえると。優し気な印象に。

【2023秋冬】スウェット×マーメイドスカートコーデ6選

上品な印象のあるマーメイドスカートを、スウェットでカジュアルダウンすればこなれ感がさらにUPします。一見難しそうなバランスの取り方は、おしゃれさんのコーデをチェック。

マ―メイドスカートは、今流行しているアイテム。合わせるスウェットは、ショート丈でもビッグシルエットでもOK!ショート丈なら、マーメイドスカート特有の上品な印象を崩さすにコーデしやすい!ビッグシルエットなら、今どき感のあるカジュアル寄りなコーデに。

出典:WEAR

ビッグシルエット×モノトーンで品良く

白スウェットと黒のマーメイドスカートを合わせたコーデ。モノトーンでまとめれば、ビッグシルエットのスウェットでも品の良く!厚底ブーツを合わせて、モード感のある要素でさらにコーデを格上げ。

出典:WEAR

スウェット×ダメージ加工で今っぽストリート

フェミニンなイメージのマーメイドスカートも、ダメージ加工×ハーフジップのスウェット合わせなら、気軽なカジュアルストリート風に。白タートルネックをインして、ちょっぴりきちんと感を。

出典:WEAR

質感とシルエットでさりげなく女らしく

ニット帽×スウェットのアクティブスタイルに、あえてマーメイドスカートを合わせて周りと差がつくスタイリングに。大人な質感とシルエットで、さりげなくオンナ度UP。

出典:WEAR

ネイビー×白で爽やかに可愛く

ジャストサイズのスウェット×マーメイドスカートで、女性らしいラインのシルエットが完成。ネイビー×白のメリハリのある色合わせが爽やか&キュート!

出典:WEAR

オールブラックを今どきシルエットに

スウェット×マーメイドスカートを合わせたオールブラックコーデ。マーメイドデザインで、今っぽいシルエットに。大ぶりピアスとネックレスで上品さを醸して。

出典:WEAR

ラフなコーデにちょっぴり艶感を

高めの位置から裾が広がるマーメイドスカートが、ラフなスウェットコーデをちょっぴり艶っぽく見せてくれます。キャメルのバッグとブーツで、きちんと感をプラス。

【2023秋冬】スウェット×プリーツスカートコーデ6選

デザイン性のあるプリーツスカートで、ラフなスウェットを華やかに演出してくれます。スクール風の幅広プリーツと、きれいめな細プリーツを、スタイルごとに使い分けるのがおすすめ。

プリーツスカートに合わせるスウェットも、ショート丈でもビッグシルエットでもOK!もともときれいめな印象のあるスカートなので、ショート丈ならよりきれいめに仕上がる!ビッグシルエットならカジュアル寄りに。

出典:WEAR

ロゴ×ミニ丈でスポーティーに

ロゴスウェット×プリーツミニスカートで簡単に作れる、キュート&スポーティーなスタイル。ロゴとおそろい色のアームウォーマーで、トレンド感をUPさせて。

出典:WEAR

クラシカル×カジュアルが今っぽい

クラシカルなチェック柄のプリーツスカートは、スウェットでカジュアルダウンするのが今っぽい。小ぶりなショルダーバッグと細身のブーツで、コーデを女性らしく引き締めて。

出典:WEAR

レディなスカートにラフさを

レディ度が高い赤のプリーツスカートを、ラフな黒スウェットで取り入れやすいデイリーコーデにチェンジ。足元は黒ブーツで引き締めて、統一感を出しておしゃれに仕上げて。

出典:WEAR

素材感でコーデを品良く

ツヤ感のある素材の黒スカートと、ソフトなアイボリースウェットの組み合わせで、品の良いモノトーンコーデに。バイカラーのサイドゴアブーツで辛口に仕上げて。

出典:WEAR

パープルのスカートで大人見え

大人っぽく決まるパープルのプリーツスカートを主役にしたコーデ。ゆったりとした黒のスウェットを合わせて、リラックス感のあるシックなスタイルに。

出典:WEAR

細プリーツ×淡色でフェミニンに

メンズライクなスウェットを、細プリーツが軽やかに揺れるイエロースカートで、フェミニンな表情にチェンジ。華奢なヒールのブーツでオンナ度を上げて。

【2023秋冬】セットアップのスウェット×スカートコーデ3選

スウェットとスウェットスカートのセットアップでこなれたコーデを実現!きちんと感×カジュアルのバランスが、上級者な印象を与えてくれます。

フレア・マーメイドデザインのセットアップなら、ラフな印象の強いスウェット素材でもきれいめな印象に仕上がってバランスが取りやすいのでおすすめ!

出典:WEAR

きちんと感と抜け感を両立

スウェット素材のベージュセットアップで、きちんと感と抜け感を両立した着こなしに。深いブラウンの小物が、なじみよくコーデを引き締めてくれます。

出典:WEAR

レイヤードで華やかに仕上げて

黒のスウェットセットアップでコーディネート。トレンドカラーのグリーンのタートルネックをチラ見せして、ぐっと華やかな仕上がりに。

出典:WEAR

カーキで大人カジュアルに

濃いカーキを選んで、大人カジュアルなおしゃれ感を叶えたコーデ。ニット帽と編み上げブーツをプラスして、さらにこなれた印象に。